忍者ブログ
 アクチュアリー試験とか数学とか
お知らせ
上部にフレームがないときは
コチラをクリック。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
最新コメント
[07/07 Ann Weaver]
[06/19 Ann Weaver]
[05/28 Chelsea Wallace]
[04/05 Tami Sandoval]
[02/14 まいす]
[01/30 名無し]
[06/09 まいす]
[06/04 adler]
[04/03 まいす]
[04/02 adler]
プロフィール
HN:
まいす
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/11/06
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
[983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  [975]  [974]  [973
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリアしたので感想。

ネタバレは極力しませんが、一応つづきで。

まず始めにテイルズシリーズはこれまでに、
ファンタジア、デスティニー、エターニアの3作をやっていますが
残念ながら一番おもしろくなかったというのが正直なところ。

面倒なので隠しダンジョンと闘技場はやる気がありません。
本当にクリアしただけ。サブイベントも見落としが多分多いかと。

■戦闘システム
良かったのはTPをあまり気にしなくて良い戦闘システム。ただSPシステムは微妙。
敵の背後に回るとSPとTPが半減するので、正面からでないとまともに攻撃できない。しかし後半になるとほとんどの敵が晶術を使ってくるのに、このシステムのせいで後列の敵を集中攻撃することができない。また、浮いてる敵が前衛キャラの頭上を飛び越えただけで半減するのもどうかと。

あと戦闘に関して言えば、晶術が強すぎる割に直接攻撃が弱いうえにほとんど当たらないので、前衛キャラで牽制しつつ後衛の晶術でゴリ押しという戦法になりがち。
一部のボスキャラ(特に晶術を使わないボス)はカイルにずっとガードさせておいて、後衛がひたすら晶術連発するだけで勝てました。

術と技の種類ももっと多いとよかった。カイルの技使いにくいの多いし。

■グラフィック面・操作性
グラフィックはそこそこ良かったのに、フィールドのカメラ視点とイクシフィスラーの操作性が全てを台無しにしてるとしか思えない。地図では細かい段差が分からないのに、カメラの視点が変な位置で遠くが見えないので、目的地に向かって歩いてみたら段差があって進めず大回りさせられることもしばしば。

普通に旧作と同じような視点にすればよかったのに、3Dにしたかったのか?

■ストーリー
なんか良く分からないまま、いろんなところに飛ばされたという印象しかない。一本道シナリオなのはいいが、行く場所が本当に限られていて前の街に戻ったりすることさえほとんど出来ない。
アクアヴェイルは最後までいかなくてもクリア出来るとかどういうことだよ。

 

ということでやり込みする気がおきないので、零の軌跡までの繋ぎにしかなりませんでした。
東京の家には届いてるはずなので日曜日からは零の軌跡です。

PR
―コメント―
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No.1 無題
TOD2で一番残念だった点は、カイルの存在でしょうか(笑
ここまでうぜーと思える主人公もそうはいません。
ヒロインで微妙なのだったら、FF8とタクティ(現在進行形)ですけどね……
さたどら 2010/10/01(Fri)23:50:32 編集
No.2 >さたどらさん
キャラよりもストーリーがTODの世界観とかぶち壊してる気がするのですよ。
なんでソ-ディアンなしで晶術使えるのかとか・・・。
ヒロインならバハムートラグーンとかw
まいす 2010/10/07(Thu)00:08:31 編集
―トラックバック―
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © まいすの日常 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]